ただただSES社員を続けるくらいならフリーランスも視野に入れるべき

ただただSES社員を続けるくらいならフリーランスも視野に入れるべき

おはようございます。

既にITエンジニアとして就業して数年のキャリアをお持ちの方に質問したいのですが、SESの社員として勤務していることのメリットにはどういうものがあるのでしょうか?

僕も1年前まではSESの社員でした。それ以前から周りの知り合いが既にフリーランスとして活動していたのですが、僕は自分のスキルがそれほど高くないことの自覚はあったので、

「フリーランスは自分とは無縁な話だ」

と決めつけていました。

しかし、経験年数を踏んでいるとあることに気づき始めたのですが、

「大した成果を上げていない割に求められる」

ということでした。

「全く成果を上げていないのか」

と言われればウソになりますが、僕以外のエンジニアでも全然対応可能な仕事しかしていなかったので

「自分がやっていることは替えが効かない仕事ではない」

「必死でしがみついておかないと切られる」

という思いがいつも自分の根底にはありました。

しかし実際、自分が「現場を変えたい」と思って営業に相談すると、すぐに新しい案件がいくつか提示されるため次には困ったことがなく、また今いる現場の人間から「もう少し長くいてくれないか?」とお願いされる状況が何度かありました。

変わりがいくらでもいるというのが思い込み

開発現場に入って働くとそこにはたくさんのエンジニアがいて、プロジェクトごとにシマがあって、それぞれ設計したり、コーディングしたりと様々な環境が見られます。

SESのエンジニアとして働いていると、常駐先のプロジェクトがあって、参画して開発を行うというのが基本になるので、いくつもの現場を転々としていると、どこにいっても見慣れた風景で、大体そこにいる人たちがどんな仕事をしているかというのは想像がつきます。

しかしこの、プロジェクトがあってエンジニアが何人もいるという状況がどこに行っても当たり前という考えが思い込みでした

普段からエンジニアとしての仕事風景しか見ないので錯覚しがちですが、明らかに需要が不足しているのでどこの現場に行っても人が足りていないという話を聞きます。

「フリーランスは首を切られやすい」という話を耳にしたことがありますが、実際猫の手も借りたい様な現場で選別をしている場合ではないのが実情なのでしょう。

僕も独立してから首を切られるような場面に遭遇したことは一度もありません。

自分がこの現場での必要スキルを満たせていないのではないかと不安に感じる日も少なくありませんでしたが、それでもこちらからやめる話を出した時には止められるくらいだったので、「そんなに人って足りてないのか」ということを強く実感しました。

会社は安心、個人はリスクという風潮が罠

会社に属していることで自分の何が守られるのでしょうか?

SES会社は基本的に1エンジニアの単価の50%前後を給料にあて、残りを会社の利益にしています。(個人差はあります)営業がエンジニアにヘコヘコして丁重に扱われるのも、貴重な会社の資本の1部になるからで、一人失った時の損失はかなり大きいためです。あまり意識しないかもしれませんが、数か月現場に常駐するだけでその人はかなり自分の会社に貢献したことになっているのです。

もし、個人的な事情で勤務できない期間があった場合、会社は売り上げが立たなくなるばかりか、給料を払い続けなくてはならないという状況に陥るので、減給や、復帰後の給料で建て替えという形をとります。

これは、あくまで個人が常駐先から生み出した売り上げの中でやりくりさせられていることを指していて、基本的に会社は極力マイナスを抑えるように回収します。

つまり、当然ですが会社は会社の利益を最優先していて、そのエンジニアという資本をいかに運用していくかに徹しているので、「守られている」としたらそれはどう守られているのかをよく考えてみたほうがいいかと思います。

福利厚生がしっかりしている、

社内コミュニティが充実している、

勉強会やサークルがあってアットホームな環境が魅力的

などの体感的に得られるメリットがあるのであればまだしも、そうでない人は本当にSES社員を続けることに意味があるのかを検討されるべきだと思います。

まとめ

少なくとも現場経験を1,2年積まれた上で、エンジニアとしての業務をしっかりこなせている方あればフリーランスになることを一度検討してみる価値はあると思います。逆を言うと経験の浅い方がいきなりフリーランスになると業務に対応できなかった時のリスクが大きいので、会社に属しながら業務経験をしっかり積むことをお勧めします。

コメントを残す