キャリアのないエンジニア志望者が実践してみるべきこと3点

キャリアのないエンジニア志望者が実践してみるべきこと3点

おはようございます。

本日はプログラミング初学者が独学でITエンジニアとして転職するために押さえておきたいポイント3点をご紹介したいと思います。

この記事の対象読者は以下の通りです。

  1. ITエンジニアへの転職を検討している。
  2. プログラミングを習得したいがスクールに通うお金がない
  3. 参考書を買って勉強し始めたが一向に成長できている気がしない

僕もプログラミングのスクールには通うお金がなかったので独学からIT企業に入社したパターンです

自分が気になる言語の参考書を丸々写経してみる

特に選んだ根拠とかは明確にもたなくてもいいです。とっつきやすそうだとか、面白そうなサンプルプログラムがのっているだとかでOKです。僕は前職を辞めてから2か月間、家にこもってHTML、CSS、JQuery、PHPの参考書を読み漁っていました。参考書の最後の章くらいで総まとめで「ホームページを作ってみよう」「ログインフォームを作ってみよう」などの項目があるので、コードとして書いたものが自分の意図している通りに動くことを実感することが大事かと思います。

ただしこの時、気を付けないといけないのは、参考書の通り書けて動いたからと言ってプログラミングが上達したと考えるのはお門違いです。「書けるようには全くなっていない」と考えておくほうが妥当です。

アウトプットしてみる

何事にも当てはまる考え方かとは思いますが、プログラミングにおいても例外ではなく、アウトプットとしてなんぼです

とはいっても、未経験者にとって0からアプリやサービスを構築するのは難易度が高いです。僕がお勧めするのは参考書で書いたサンプルプログラムの中で、自分がちゃんと理解できていると確信できている部分を自分なりの工夫を入れて改良し、別のものに作り替えてみることです。

いくら完璧に写経したからと言ってどうやって動いているかを完璧に理解できている人はなかなかいないと思います。でも部分的に、

「この部分はこう書いたからこう動くんだな」

ということが理解できている部分もあるかと思います。

その部分を、

「じゃあこう書いたらどうなるんだろう?」

という自分なりの発想をもって置き換えを行っていきます。

この考え方がすごく大事で、

「参考書をいくら読んで写経しても、一向にかけるようになる気がしない」

という人はこの作業が全くできていないためかと思われます

あくまで勉強したことを自分の知識として定着させるためのアウトプットのフェーズだと思って取り組んでください。この段階では

「ネット上に公開してたくさんの人の評価を得られるものを作らないといけない」

などの大きな目標は持たず、ただただ自分なりのオリジナリティを持たせて改良することに徹しましょう。

ものづくりしてみる

改良を繰り返すとそのプログラムは自分のオリジナルになります。

自分のオリジナルはどうやって動いているかをすべて把握できるようになっています。あとはそのプログラムを使って実用的なサービスに発展させてネット上で公開してみるといいと思います。

ITの良いと思うところは知識のインプットには費用がかかりますが(参考書にせよ、スクールに通うにせよ)アウトプットはパソコン一つあればできてしまうことです。

ネット上に公開すればそれが転職活動をするためのポートフォリオになります。企業面接の時にポートフォリオを提示できることが

「自分は開発者として就職する意識をもって転職活動をしています」

というアピールに直接つながるので結果的に開発案件に着手できる可能性が高くなります。

まとめ

僕はこの3点をそれぞれ「とりあえずやってみる」の感じで始めて転職まで漕ぎつけました。業界入りするためにまず目指すべきは「それなりに開発経験の詰める現場のプロジェクトに参画する」ことだと思っています。

プロジェクトに参画して半年もしくは1,2年ほど経験を積んでしまえば以降の進路展開は大幅に楽になります。

あとは行く先々の現場でスキルを吸収しつつ、成果をだすことができれば、エンジニアとして飛躍していくことは可能だと思っています。

コメントを残す