【なんとなくで一つの現場に残り続けるのが一番危険!】常駐先で契約を更新すべきか判断する3つのポイント

【なんとなくで一つの現場に残り続けるのが一番危険!】常駐先で契約を更新すべきか判断する3つのポイント

おはようございます。

今日は自分の常駐先の現場の契約を更新するかどうかを決める目安について書きたいと思います。

対象読者

  • SES会社に所属されているITエンジニアの方で現場を変えるべきかどうかで悩んでいる方
  • これからSES会社に入社する人で今後、自分に合わない現場に配属された時の判断基準が分からない方

そもそも所属会社が優良な現場を探してくれそうか

ここでいう優良な現場というのは自分が後々のキャリアを構築していくために成長させてもらえそうかどうかということです。

大手上場企業で、最新の技術が導入されていて、ハイスペックなPCを使わせてもらえて、社内食堂がついているお洒落な現場ということではありません。(最新の技術が使われていて、PCがハイスペックなことに越したことはないですが)

開発案件に着手して、設計やプログラミングに携わらせて貰えるかどうかということです。

所属している会社がテスターや運用業務込みの人材を募集していると、未経験者はテスターや運用に回される確率が上がります

現に僕が未経験で入社した最初の会社で僕と同じタイミングで入社してきた同い年の未経験者は

「Rubyの開発がしたい」

といって入ってきましたが、1年ほど「Ruby」を扱う現場でのコールセンターのサポート業務をやらされていました。

会社としても早く開発に着手させてやりたいが、経験がない以上どうしようもない部分が大きかったのかと思います。

しかし、今考えると未経験でRubyやPHPの開発を始めている人もたくさんいます。もちろん潜在能力的なものを見て会社が斡旋してくれる場合も少なくないかと思いますが、それでも本人のポテンシャル次第で未経験開発を見つけてくれるところは見つけてくれるのです。

自分のポテンシャルはあるのに、中々開発案件を決めてもらえない場合、

「今は自分にスキルがないから仕方ない」

と諦めて腰を落ち着けるのではなく、開発をさせてもらえそうな会社への転職を考えてみてもいいかもしれません。

本人希望ではない場合の開発業務以外の時間が長いことによって、経歴書に「開発経験」を書けないことで開発への間口がどんどん狭くなってしまいます。

レベルが高すぎてついていけない

業務経歴1年未満

開発系の現場に配属させてもらえたが、自分にスキルがなさ過ぎてチームに迷惑ばかりかけてしまうので、精神的にきついという場合です。僕は正直、この時の判断が一番難しいと思います。会社側に不満があるなら居場所を変えるなり、転職を考えるなりでいいと思いますが、

「頑張り次第で成長できそうな現場なのに業務がこなせない」

という自分に非を感じてしまう場合です。

この時の判断基準としてはまず自分の成長を実感し続けているのであれば、残ればいいと思います。所詮SESなのでその現場で一生勤め上げるわけではないので本当に辞めたくなった時に辞めればいいと思います。

成長を実感するための方法としては休みの日や空いた時間を使って、個人でサービスやアプリを作ってみたり、昔買った参考書で全然理解できなかった部分をサ再度読み直してみた時に、どれくらい理解できているかを考えてみるのがわかりやすいと思います。

もし、成長も実感できず、精神的につらいだけなのであれば現場に見切りをつけて契約を終了することをお勧めします。

僕も過去に一度だけありますが、プロジェクトが途中なのに契約終了を現場側から伝えられた時、は精神的ダメージが大きかったです。

これが最初の現場ではなかっただけまだマシなのですが、最初の現場でこの宣告を受けると後々のモチベーションにも影響してしまうのではないかと思います。

社内独自のフレームワークでシステムの開発を行っている

僕が昔所属していた現場でこのパターンがありました。

その現場で使っていたシステムは非常に直感的なGUIの操作だけでテーブルとCRUDのシステムの構築が可能なものでした。

ただ、独自の仕様が盛り込まれすぎていてマニュアルを読んだだけでは解読できない仕様が多数あり、結局昔からそのシステムに携わっている有識者が「どうするべきか」の答えを持っているので質問すれば解決はするのですが、そこで得た知識はあくまでその社内でしか通用しないものがほとんどです。

結局僕は1年半そこに所属して保守運用フェーズでの開発を行っていました。

設計やプログラミングに対する考え方学べるいい環境でもあったのですが、個人の意見を申し上げると、

「ここでの経験はWebプログラミングの市場全体を俯瞰した時に積み上げる価値があるものかどうか」

を判断してもっと早めに見切りをつけて次の現場を探すべきでした。(少なくとも1年半もいるべきではなかった)

開発案件と言えるのか微妙

開発志望として参画したプロジェクトであまり開発をさせてもらえないという場合です。

ドキュメント作成ばかりさせられる

業務経験が浅いうちにありがちですが、開発に回せるほどのスキルを見込めない人にとりあえず割り振っておく業務の代表かと思います。

ただ、この作業が定常化してしまい、結果的に全然コードを書いていないという状況になることもあります。

複雑すぎて仕様の読み取りが困難

着手した案件があまりに複雑なシステムで、仕様の理解に時間がとられるパターンです。

複雑なシステムで発生した不具合の原因を明確にして、直すことができるスキルは大事かとは思いますが、自分の成長という観点から考えると費やした時間の割に成長の実感が薄かったです。

成長したいのであれば、がちがち組まれたシステムの保守をするよりも、まだフェーズの浅い段階で開発の余地が十分残されている案件でどんどんコードを書いていけるところがベストだと思います。

まとめ

現場を変えたいと判断する時の目安を大きくまとめると、以下の3点です。

  1. 大前提として所属している会社が開発案件に着手させてくれる気があるかどうか(もしなさそうであれば転職を検討)
  2. 自分のレベルにあった現場かどうか(ただし業務経歴1年未満はある程度分からないことが多く詰まるのは当たり前と考えて粘るかどうするか要検討)
  3. 自分がやっている業務が「開発」といえるのかを考える

SES業界は実質派遣と変わらないので、依頼者側の裁量で切ろうと思えばいつでも切れます。

にも関わらず、ある程度現場経験を積んで波に乗ったSES社員はあまり切られなくなります。

これは背景にIT業界の人手不足が関係していると思われます。

なので自分で現場を変ようとする選択をとらなければ、本人の希望とは違う案件でキャリアを積み上げていってしまうということも起こりえます。

SESの特権は自分が気に入らないと思った現場には雇われる側も見切るを付けられることなので、キャリアアップのためにも適切なタイミングでどんどん現場を変えていくことをお勧めします。

コメントを残す