学歴コンプの自分でもweb系エンジニアに転職してよかったと思えること5点

学歴コンプの自分でもweb系エンジニアに転職してよかったと思えること5点

おはようございます。

この記事は転職先として「web系エンジニア」を検討しているが、転職前と後で何がどう変わったか、また転職して良かったことが知りたい人向けに、転職してweb系のエンジニアになった僕なりの見解を書きたいと思います。

僕は他業種からの転職を経てweb系のエンジニアになりました。

転職していざ仕事を始めた当初は

本当にこの仕事を選択して良かったのだろうか?

と不安になることが多かったのは事実です。

しかし実際に仕事を続けているうちに、

「この転職を選択して良かった」

と実感できたことがあるので大きく5点紹介したいと思います

「手に職をつける」を最も実現しやすい職種だといえる

前職での大きな悩みは

  • 替えが効く
  • 会社というブランドに守られている感をひしひしと感じる
  • 成長を実感できない

といった、まさに

「会社に依存したうえで自分が成り立っている」

ということが基本にあり、

「上が言うことは絶対である」

という選択の余地のない縦社会に缶詰めにされていることで、

会社の従順なしもべとして成長していく

ことに恐怖を感じました。

そのような若いうちから選択肢を絞られる仕事には何も魅力を感じなかったし、吸収する意欲が起きませんでした。

その点、「web系エンジニア」は活躍できるフィールドの幅が広くビジネス、系、コンシューマ系のシステムでサービスの考え方も多種多様でそれに合わせて求められる技術も無数にあり、そこから何を選択して作るかという選択という立場に身を置くことも可能だし、そのために必要なスキルを自分で選択して磨くことができるという、正に自分が習得したいスキルを自分で決めて、そのために必要なことに注力できるというフィールドであることを実感しています。

新しいモノづくりをするたびに色んな業務を見れる

IT以外のどんな業務でもシステム化したいという要望は絶えないため、新しいモノづくりをするたびに色んな業務を見れることも大きな利点と言えます。

これが他の業種の場合、その業界の知識や、お作法を身に着きますが、それ以外の業界は無知のままという状態です。

IT業界でものづくりをするということは

「その業種がシステム化して欲しい仕組み」

を知れるということに繋がります。

これはITスキル以外にその時モノづくりに携わっている業界の知識を得ることができるという付加価値が伴います

こういう知識を蓄えて、新たに自分でサービスを立ち上げるのもアリですし、自分が興味を持った業界に転職を考えるのもアリだと思います。

最もフリーランスになりやすい業種で、収入と働き方を自由にコントロールできる

業界の仕組み上、「web系エンジニア」の単価は高いです

これは会社員としての給料ではなく、企業間で取引されるエンジニアの単価のことです。

これを逆手にとって、web系エンジニアとして個人事業主となり、企業に自分を売り込めば「高い単価」をそのまま売り上げとして計上することができます。

これは以下のような背景をもったこの業界ならではの特殊な事例です。

  • IT人材の人手不足
  • パソコンとネットがあれば誰でも始められる敷居の低さ
  • 高額な単価

その結果、どのようなモノづくりをしたいかをある程度見定めてそれに必要なスキルを磨けば、働き方を自分でコントロールできます。

業界全体的に穏やかな人種が多く、高圧的な仕打ちを受けることが少ない

前職はどちらかといえば体育会系でした。

そしていま改めて考えても

「自分に向いていなかった」

と実感できるのですが、怒声を浴びせることで自分のうっ憤を解消する上司に出会いました。

僕は入社して半年ほどこの上司に嫌がらせを受けていました

元々、仕事ができなかったので日々怒鳴り散らされて仕事を叩き込まれてきました。

ですが、ある日あまりにも理不尽なことで怒られたため、逆ギレしてしまいました。言い返せるだけの余力があったので自分はまだ元気だったと思います。

それから、半年ほど

「仕事で何を質問しても無視される」

ということが続きました。

その上司に質問して答えを貰えないと先に進められない仕事があるにも関わらずです。

それ以前は

「怒られてただ辛い」

の1点張りでしたが無視されるようになってから

「自分が今置かれている状況が面白おかし過ぎる」

と思えるようになりました。

この上司は絶対的に逆らえない上下関係を利用して部下を徹底的に追い込もうとしたのかもしれません。

この時僕はそんなくだらないことに時間を使って日々の生活を送っている人がいる業界にますます魅力を感じなくなりました。

この点に関して今の業界に転職して思ったのは、

「基本的に腰の低い人ばかり」

だということです。

これは仕事柄そうなるのか、そういう人種の人が自然に集まっているのか分からないのですが、質問すれば優しく答えてくれるし、無駄に高圧的な態度をとって下の人間を押さえつける態度をとる人をあまり目にしなくなりました。(僕は直接かかわったことはないですがたまいます。)

なので、自分の仕事の向上の妨げにもならないし、日々穏やかに過ごすことができるようになったと思います。

勉強する選択肢が多く、得意分野を複数持つだけで他人と自分を差別化しやすい

web系エンジニアに求められるスキルは多種多様で身に着けられるスキルは無数にあります。逆に言うとすべてを網羅的に習得することはなかなか難しいのではないかと思っています。

その中でも「webサービス」を作るならこれ、「スマホアプリ」をつくるならこれ、などと主流なものはありますが、そこから派生する技術は無数にあり、自分がどれに精通しておくかで他人との差別化がしやすい業種だとも思えます。

例えば僕は主にサーバー側のプログラミング言語を使ってwebサービスを作っていますが、画面の見た目やデザイン部分も多少かじったことがあるので、「サーバー側」+「画面の見た目」を作ることができるエンジニアとして差別化できます。

このように、自分が習得したい分野を見極めて勉強することで、幾つかつまみながら自分だけの得意領域の組み合わせをもっておくことができるようになります。

まとめ

僕の場合、あくまで新卒で入社した企業での経験と今の職の対比にはなってしまうのですが、「悪くなったこと」というものは見つかりませんでした。

一概に「悪くなったこと」がないとは言いませんが、少なくとも上記で上げた5つは実際に今の僕が体感していることです。

少しでもweb系エンジニアへの転職を検討している方の参考になればと思います。

コメントを残す